2014年3月12日水曜日

拡散希望??

twitterなら【拡散希望】、Facebookでは【シェア希望】っていうやつ?あれがどうも苦手。

人に頭を下げるのが嫌なわけでもなく、必要なら土下座でも何でもしまっせ。
場違いっていう言葉があるじゃない。twitterなら元々個人の日常的なささやかな「気付き」「思いつき」といったものを誰にとも無くつぶやくものであった筈だし、Facebookはこんないいモノあったぜ、とか自分の備忘録のためにWALLにピンドメして行こうっていうものだった筈。リツィートやシェアは自然発生的に起こるものは起こる。僕自身も結構な頻度で面白い言葉、興味を持った事象についてそれをしているよ。でも頭に【拡散希望】なんて入っていると逆に躊躇してしまう。シェアするもしないもこっちの勝手なんだし、本当に拡散しなければならない情報なら言われなくてもわかる。

そんな風に思うけれども、まあツールの使い方なんて千差万別。それでいいし、そうでなくちゃこれほど蔓延しない。実際に災害や緊急時に役に立ったなんてこともあるみたいだし。

僕は忠実に(というか、そこら辺のいい加減さと言うか自由さが良かったから)それぞれのSNSの元々の意図に沿った使い方をしている。言いっ放し。個人的にぶわっとつぶやいてお仕舞い。共感やら何やらの有る無しは関係ない。そういう場であることが心地よい。

ネットストアを始めた。
費用をかけずに広告したいと考え、twitterやfacebookにもその内容をアップしてみた。ただそれだけ。普段勝手な使い方をしておいて、そんな時だけ【拡散希望】っていう訳にもいかない。

広告するならちゃんと予算を掛けて画策するしか無いってこと。すげー面白い情報なのだとしたらそれこそ自然発生的にシェアが起こっていたと思うから、情報自体がそれまでのものだったということなんだ。

何か違う手だてを考えよう。これがそこそこ動いてくれないと困ることになるわけだから。