2014年1月1日水曜日

年始

いつものように大晦日に近距離の田舎へ。
今年は神棚他へのお飾りを頼まれた。微妙にやることが増えて行く。大したことではないけれど。

正月飾りは前日にするものではないのは分かっているけれども仕方が無い。
忙しければいいよと言われていたけれどもしないよりはいいし、うちの神様たちは分かってくれている。

年越し蕎麦は初めて箱根そばで予約してみた。蕎麦も蕎麦汁も美味しかったけれども、載せた天ぷらのボリュームが多すぎて父は平らげるのに苦労していた。

早寝の父が寝た後、ひとり紅白。あまちゃんコーナーが楽しかった。宮藤官九郎の書く物語って高橋留美子の世界に(その境界的に)若干似ているのかもなーなんて思ったり思わなかったり。だらだら。

明けて元旦、今年の雑煮は僕が作り始めてから1、2を争う出来であった。前日東急ストアでみつけたトップバリュの「豚汁のもと」が効いた。それと鶏ガラスープ。来年もこれで行こう。忘れなければ。

父はちょっと目を離すと居眠り。居眠り比率が前年比50%以上上がった感じ。まあ元気そうだったから良し。

昼前には発ち、午後から年末できなかった掃除を済ませて少し仕事と思っていたけれども、酒飲んでうとうとしつつ早寝を決めてみた。