2010年7月31日土曜日

風のとおり道

久しぶりにアップルストア3Fのシアター。山中俊治さんとDysonのMartin Peekさんのお話を聞いてから、松屋で例の羽根の無い不思議な扇風機の実機を見る。
思っていたよりもしっかりした風が送られて来るのね。見た目からの驚きに実際の機能の体験が加わってますます欲しくなったのは言うまでもない(思う壺だなー)。
667dm
製品化までの様々なプレッシャーや試行錯誤。Martinさんから何度もDon't Give Up.という言葉が出、セッションの冒頭James Dyson氏との会話を引いて諦めないことだよねと言われた山中さんの言葉も合わさって、細かい技術的な話も魅力的だったけれども、そんな「Design Engineer」としての基本スタンスがいっそう印象深かったのだ。